トップページ | 2009年2月 »

2009年1月

2009年1月31日 (土)

「あ」

今日、「あ」が届きました。

「あ」とは、ひらがなの「あ」という文字を

何百個?何千個も切り抜いてそれを貼り付けてある作品のことです。

画家をしている兄から、贈ってもらいました。

兄は小さい頃から、何か不思議な作品を作っていました。

現在は、(本業は)東京の老舗和菓子屋の職人です。

今回、オープンする僕らのお店用に作ってくれたのです。

嬉しくて、嬉しくて。

頑張る活力になりました。

Yes,we can!!です。

お客様にも見て頂きたい作品です。

いい意味で、作者の異常さが伝わると思います。

本当にすごいんですよ。

よし、頑張るけん。

2009年1月29日 (木)

ダクト

ダクトという名の煙突がつきました。

煙突という名のダクトかな??

まぁ、とにかく今日も一歩前進です。

2009年1月27日 (火)

メニューぶっく

メニューブックを作りました。

自家製?です。

奥さんのお母さん(義母)が

手先の器用な人で

「自分でオリジナルのメニューブックを作りたい」

と、相談したところ

「こんなの、どう?」

と、あっさり見本を作ってくれました。

それを手本に10冊ほど作ってみました。

それと、ランチなどで使う1ページ仕様のものを

10冊ほど作ってみました。

何せ、素人です。

ただ、それなりに出来たと思います。(自画自賛・・・)

でも、市販のものを買うより断然、絶対に安いです。

(初)経費削減になりました。

間違いない。

しかし、何よりも、自分で作って

ぬくもり?というか、

手作り感もして(下手なので・・・)

その辺りがお客様に伝わらないかなぁ

と、願っています。

2009年1月16日 (金)

パンぱんパン

今日は、朝から京都の市場に行きました。

近くのお肉屋さんにも行って

挨拶をしてきました。

みなさん、いい方ばかりで

本当にありがたいです。

午後からは、パン屋巡りをしました。

京都のパン屋さんは

どこも美味しいですね。

フランスでは主流だった

ハード系のリュスティックの様なパンを探しました。

パンが美味しければ

自分の料理を助けてくれるかもしれません・・・。

私たちのお店には

ハード系のパンと

柔らかいパンの2種類をご用意したいと

思っています。

柔らかい方は

オリーブオイルを練りこんだ

チャバタのようなパンを

自分で作る予定です。

本当は、全部自分でパンも焼けたら

いいのですが・・・。

腕がまだまだ、足りていないので・・・。

何はともあれ

今日も少しずつではありますが

オープンに向けて

一歩一歩、前進です。

それでは、

また来週。

2009年1月13日 (火)

食器選び

一段と寒くなってきました。

寒さに弱い人間ですが、そんな事も言ってられません。

今日も相変わらず、各業者さんと連絡を取り、

見積もりの依頼などをお願いし、

お店オープンに向けてやってます。

普段、スケジュール表など付けていませんでしたが、

今は、一ヶ月の予定がいっぱいになってます。

これを見てても、本当にお店オープンに向けて頑張るんだ!と気合が入ります。

明日は、重要な、お皿・グラス・カトラリーの

注文に行きます。

自分が作る料理のイメージに合う様な、

器が見付かれば良いと思います。

本当は、今まで何度も食器屋さんに行って

『あれも良いな」、「これも良いな」と思いながら

漠然としか見ていませんでしたが、

今回は、本当に選ばないといけません。

器と料理がバランス良くテーブルに並ぶ様に

心がけて、決めていきたいです。

2009年1月 9日 (金)

開店準備中

ボンソワー。

年が明け、ほぼ毎日、各業者さんと会い

見積もりの依頼や契約に向けての打ち合わせをしています。

それと同時に、予算に合わせ、仕入れなければならない商品

(什器・備品など)を検討しています。

スムーズに進む事もあれば、そうでないことも

しばしばあります。

まずは、とにかくオープンに向けて準備をしていきたいと思います。

何事も諦めずにやっていきたいと思います。

2009年1月 7日 (水)

不器用なブログ開始

はじめまして。レストラン ラ・ターブル・オ・ジャポンのムカエと申します。

今年、2009年3月にフランス料理のお店をオープンします。

プロヴァンス地方のトゥールトゥールという小さな街にある、ラ・ターブルというお店の日本店を京都で開きます。

以前、そのレストランですごくお世話になり、シェフからの承諾を得て、オ・ジャポン(日本店)という形で、このたび京都で独立するはこびとなりました。

夫婦二人で切り盛りする、10席程度の小さなレストランです。

私は現在32歳です。まだまだ未熟者ですが、小さな頃から思い描いていたお店を持つという一つの夢を良きパートナーと共に、今、スタートしようとしています。

トゥールトゥールのラ・ターブル(本店)も夫婦二人の小さなお店です。

料理は本店をイメージし、日本の食材も使いながら、私自身の考えるフランス料理を作っていきたいと思っています。軽やかでありながらも印象が残るような、地中海をイメージした料理を考えています。

年末から解体工事に入っています。まだまだ完成には時間がかかりますが、少しずつお店が出来上がっていく事を楽しみながら、テンションも上げていきたいです!

トップページ | 2009年2月 »